『幼児2人同乗基準適合車』 ご利用時の注意点

  • 2012.04.24 Tuesday
  • 10:20

こちらで紹介している車両は、YAMAHA、Panasonicとも、『 幼児2人同乗基準適合車 』 です。

2人同乗OK!とは言っても、法令では下記のように基準が設けられています。

前のチャイルドシートには  1 歳以上 4 歳未満、体重 15 kg以下で身長 100 cm以下。

後ろのチャイルドシートには  2 歳以上 5 歳未満、体重 22 kg以下で身長 115 cm以下のお子さまをお乗せ下さい。

*幼児座席を含まない幼児2人の体重合計=30kgまで
積載条件

※運転者は16歳以上


メーカーも、上記基準に基づいて設計しているので、それを守らず使用したコトが原因の不具合は、
保証の対象とならない。とのコトです。YAMAHAの 『 親子安心傷害保険 』、Panasonicの 『 ギュットあんしん傷害保険 』 も同様です。
注意してご利用下さい。

それ以外に、2008年の改正道路交通法より、幼児のヘルメット着用が努力義務化されています。お子さまの安全のために、ヘルメットを着用させてください。 できれば、最初に乗せる時に、「自転車に乗るときはヘルメットを被るもの」 とすると、嫌がることなく被ってくれます。

当店では、メーカーが設定している傷害保険の適用上、メーカー指定のチャイルドシートのご使用を
おすすめしています。

その他の注意点としては、
幼児2人をお乗せになる際は、後ろチャイルドシートから前チャイルドシートの順でお乗せ下さい。
降りるときは、逆の手順でお願いします。

・お子さまに幼児用座席の足のせ部分を踏み台にして乗り降りさせない。・お子さまに足のせ部の上に立ち上がらせない。・お子さまにチェーンケースやフレームを踏み台にして乗り降りさせない。※足のせ部やチェーンケースが変形、破損したり自転車が倒れたりして、お子さまがケガをするおそれがあります。